副業ランキングブログ

副業が本当に儲かるのか管理人自らの体験談

IPOチャレンジポイント

【2017年新規公開株】SBI主幹事のIPOチャレンジポイントボーダー・単価一覧表

投稿日:2018年10月7日 更新日:

こんにちは副ラン管理人です。

今回はIPOチャレンジポイントのボーダーについてまとめました。

2017年のSBI主幹事新規公開株のボーダー一覧になります。

 

 

2017年IPOチャレンジポイントボーダー

評判はS~Eの6段階評価

  • S : 大儲け間違いなし
  • A : 80%以上の利益も望める
  • B : 50%以上の利益も望める
  • C : 30%以上の利益も望めるが、公募割れの可能性も
  • D : 公募価格前後
  • E : 公募価格を下回る可能性大

 

銘柄名 事前評判 ポイント
ボーダー
配分 公募価格 初値 総額利益 ポイント単価
みらいワークス A 285 100 1,840 6,080 424,000 1,487
イオレ B 300 100 1,890 5,100 321,000 1,070
ディーエムソリューションズ A 250 100 2,500 7,100 460,000 1,840
ビーブレイクシステムズ S 290 200 1,670 7,700 1,206,000 4,158
アセンテック A 270 200 2,000 5,950 790,000 2,925
ネットマーケティング B 160 300 1,140 1,552 123,600 772
No.1 A 200 200 1,570 3,460 378,000 1,890
ピーバンドットコム C 130 300 1,650 3,530 564,000 4,338

※ポイントボーダーは管理人がデータ収集などを行い、あくまで推測で出していますので参考程度でお願います。

 

2017年IPOチャレンジポイント単価ランキング

人気ランキングのイラスト文字「No.1」人気ランキングのイラスト文字「No.2」人気ランキングのイラスト文字「No.3」

2017年はSBI主幹事のIPOでは、7社が新規上場を果たしました。

そんな8社の2017年のIPOチャレンジポイント単価ランキングベスト3は以下のようになっています。

  1. ピーバンドットコム 4,338円/pt
  2. ビーブレイクシステムズ 4,158円/pt
  3. アセンテック 2,925円/pt

ピーバンドットコムは4,338円/pt

ビーブレイクシステムズは4,158円/ptと高い数値を出しています。

どちらも似通った社名でITに関連する企業に間違いはないです。

しかし、ビーブレイクシステムズの事業は「クラウドERPやシステム開発など」の情報・通信業。

一方、ピーバンドットコムは「プリント基板のEコマース事業の運営」で卸売業に属しています。

 

このような背景もあり、ビーブレイクシステムズは事前評判はクラウドという人気テーマや業種が情報・通信業で高評価

それがポイントボーダー290にも現れています。

 

一方で、ピーバンドットコムは卸売業というIPO不人気業種やストック・オプションの売り圧も考慮され、低評価

ポイントボーダーも130とかなり低めであまり期待されていませんでした。

 

しかし、結果は御覧の通り。

ビーブレイクシステムズは期待通り、ピーバンドットコムは予想外の上昇を見せました。

(市場が好調、間が開いた久々のIPO2つ目という外部環境も好影響でした)

この辺りがIPOの面白いところともいえそうです。

人気テーマのクラウド

また2017年のトップ3の市場はすべてマザーズ上場。

またビーブレイクシステムズは「クラウド」関連企業であるように人気テーマである最新IT技術関連企業

このような銘柄は初値も高くなりやすいようです。

マザーズと人気テーマ企業、この二つはIPO時にはチェックしておきましょう。

 

2017年IPOチャレンジポイント平均単価

2017年はSBI主幹事では8社ほどが新規上場しました。

その8社のポイント平均単価は以下のようになります。

 2,310円/pt  (SBI主幹事の8社平均)

巷ではIPOチャレンジポイントは1,000~2,000円の価値があると言われていますが、それを上回る結果となっています。

 

2017年に関して言えば、ピーバンドットコムは4,338円/pt

ビーブレイクシステムズは4,158円/ptが寄与度が大きいです

こういった銘柄を当てることができれば、最高ですよね。

上振れ下振れは多少あるもののおおむね1,000~2,000円と思っておけば、間違いはないでしょう。

 

⇒「公募割れ2銘柄の不調の年! 2016年IPOチャレンジポイントボーダー単価一覧表

⇒「1ポイント約10,000円の銘柄も! 2018年IPOチャレンジポイントボーダー単価一覧表

⇒「IPO黎明期! 2015年IPOチャレンジポイントボーダー単価一覧表

 

IPOチャレンジポイント

IPOチャレンジポイントとは、SBI証券の独自サービスです。

IPOの抽選が外れるたびに1ポイント貰え、ポイントがたまる度に当選確率が上がり、一定のポイント以上だと当選する制度です。

つまり貯めていけば必ず何かのIPOに当選する、そんな素晴らしい制度がIPOチャレンジポイントです。

 

IPOチャレンジポイントの入手方法は様々! IPOチャレンジポイントの入手方法をまとめてみた

 

 

 

-IPOチャレンジポイント,
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【仮想と終幕に未来はあるか!?】ゲーム株アクセルマークの材料・株価まとめ

こんにちは。副ラン管理人です。 今回はアクセルマーク(3624)の材料をまとめてみました。 最近ではKlab(3656)と共同で「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル 」を開発。 また仮想通貨であ …

【アニメIPとは!?】ゲーム株の新作・IP材料・株価まとめ~コムシード編~

こんにちは。副ラン管理人です。 今回はグリパチなどを展開するコムシード (3739)の材料をまとめてみました。 2018年執筆し、2019/12に追記しています。

【2018年10-11月】ゲーム株の決算発表日をカレンダーでまとめてみた

こんにちは副ラン管理人です。 今回は個人に人気のゲーム株の決算日をまとめてみました。 2018/10-11月に決算があるものをまとめました。  

【出会い系アプリに未来を見て】Tinder運営するマッチ・グループ(MTCH)に投資してみた

こんにちは副業ランキング管理人です。 今回はTinderなどを運営するマッチグループへの投資記事。 出会い系サービスを提供するアメリカの企業に投資してみました。 そんなマッチグループの魅力や特徴を今回 …

【串カツ田中も!】2018年11月株主優待・食事券利回りおすすめランキング

こんにちは、副ラン管理人です。 今回は2018年11月の飲食系優待銘柄をご紹介。 やはり決算が珍しい5月度か11月度優待。 銘柄は3つのみですがある意味狙い目かもしれません!